わかりにくい財務

なじみのあるバンクは机やベンチを意味するbancoというイタリア語が起源であるとの説が有力。ヨーロッパでもっとも長い歴史を持つ銀行。その名は600年以上も昔の西暦1400年頃に現在のイタリア北部のジェノヴァで設立され、政治にも深くかかわっていたたサン・ジョルジョ銀行というのが定説。
よく聞くコトバ、デリバティブって何?伝統的に扱われていた金融取引だったり実物商品・債権取引の相場が変動したことによる危険性をかいくぐるために作り出された金融商品のことをいい、金融派生商品とも呼ばれることがある。
保険とは、予想外の事故のせいで発生した主に金銭的な損失を最小限にするために、同じような多数の者が少しずつ保険料を出し合い、集まった積立金によって事故が発生した際に保険料に応じた保険金を給付する仕組みです。
平成10年6月、旧大蔵省銀行局や証券局等の所掌業務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に関する部分のセクションを区分して、総理府(当時)の外局として位置付けられた金融監督庁(のちの金融庁)が設けられたのです。
保険業を行う者の業務の健全かつ適切な運営および保険募集の公正を確保することなどを目的とした保険業法の定めに則って、保険の取り扱いを行う会社は生命保険会社または損害保険会社のどちらかであり、2つとも内閣総理大臣による免許を受けた者でないと販売してはいけないのである。
平成10年6月のことである、大蔵省の金融部局である銀行局や証券局等の所掌する事務のうち、民間金融機関等の検査・監督業務を分割して、旧総理府の外局、金融監督庁という特殊な組織を設置 することになったのである。
いわゆるペイオフってどういうこと?唐突な金融機関の経営の破綻が起きた場合に、預金保険法により保護可能な預金者(法人等も含む)の預金債権につき、預金保険機構が法に基づく給付として預金者に直接支払を行う制度なのだ。
ゆうちょ銀行(JPバンク)によって実施されているサービスのほとんどは郵便貯金法(平成19年廃止)に定められた「郵便貯金」の扱いではなく、他の銀行等と同じく銀行法に定められた「預貯金」に則ったサービスである。
一般的にバブル経済(世界的には金融資産が増えた近代から頻繁に見られている)について。不動産や株式などといった時価資産の市場での取引価格が行き過ぎた投機により実経済の成長を超過してもなお高騰し続け、最終的には投機による下支えができなくなるまでの経済状態を指します。
知ってますか?外貨預金とは、銀行で扱う外貨建ての商品。米ドルなど外国通貨によって預金する商品の事である。為替変動によって利益を得ることがあるけれども、同時に差損が発生するリスクもある(為替リスク)。
有名な言葉「銀行の経営というものは銀行に信用があって繁盛するか、融資するほどの値打ちがあるとは言えないと見込まれたことで発展しなくなるか、どちらかだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの有名な言葉)
紹介しよう「銀行の経営がどうなるかは銀行の信頼によって順調に進む、もしくはそこに融資するほど値打ちがないものだと見立てられたことで繁栄できなくなるかの二つしかない」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏の言葉を引用)
きちんと知っておきたい用語。スウィーブサービスはどんな仕組み?普通預金口座と(同一金融機関・グループの)証券取引のための口座の間において、株式等の購入・売却代金などが自動振替してくれる便利なサービスである。同一金融グループによる優良顧客を囲い込むための作戦なのです。
なじみのあるバンクという単語は実という単語はイタリア語のbancoという単語(机、ベンチという意味)に由来である。ヨーロッパ中で最古の銀行にはびっくり。西暦1400年頃に当時のヨーロッパで台頭していたジェノヴァ共和国で生まれたサン・ジョルジョ銀行なのです。
将来を見据えわが国のほとんどの銀行は、国内だけではなく国際的な規制等が強化されることも視野に入れつつ、財務体質の一段の改善、そして合併・統合等を含めた組織再編成などまでも積極的に取り組んでいます。

 

アロベビー ミルクローション

広告を非表示にする